MENU

自分に甘い人との浮気は嘘ばっかり

人にも自分にも甘い人でした。

 

自分が人を傷付けるのを人一倍嫌がる人で、自分が悪者にならないために嘘を付く人だったと思います。加えて嘘を付くのが下手だったので、付き合っていた当時は相手が嘘を付いてるかどうかはすぐに分かりました。それまで付き合っていた彼氏に好きな人が出来て別れたことが、Aさんと付き合うことになったきっかけです。Aさんには元彼と別れるまで相談に乗ってもらい、その優しさに惹かれて告白しました。

 

高校1年生から大学3年生まで、計5年間お付き合いをしましたが、Aさんが1つ年上だったことと、互いの大学が離れていたこともあり、4年間は遠距離恋愛をしていました。それぞれのコミュニティが広がり次第に連絡する頻度が減少しました。

 

最後の時は、Aさんがtwitterで浮気をしている雰囲気があり、問い質したところ向こうから「しばらく距離を置きたい」と告げられ、結果別れました。付き合っている当時はその優しさに心頭しており、むしろ相手の悪いところを許せない自分に悩んでいるほどでした。

 

浮気を問い質した時も「twitterのアカウントを友達と共有しており、浮気のような発言は自分のものではない」と、今思えば到底信じられない発言を信じてしまいそうになりました。

 

別れた後にもう一度浮気の真偽を聞いたところ、本当に浮気をしていたとのことでした。付き合ってる当時はどこまでも盲目的だったと思います。付き合う期間が長くなるにつれ相手に情が湧いてしまい、相手と付き合っている理由が曖昧になりがちです。相手との間に溝が出来た時は、今抱いている感情が愛か情かを今一度見直した方が良いと思います。

 

そして自分の時間が限りあるものだということを忘れないでください。人間が恋愛を出来る時間は一生の中で僅かです。その時間を価値のあるものにするために「この人と付き合っている自分は幸せか?」と自分に問うて下さい。自分の幸せが何か、を考えて行動することをオススメします。

このページの先頭へ